うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

インコのくちばしが伸びる驚きの原因、わかれば万事解決!対処法3選

2017年10月18日 [ くちばし インコ 伸びる 原因 ]
Pocket
LINEで送る

インコのくちばしが伸びる驚きの原因、わかれば万事解決!対処法3選

インコのくちばしが、

いつの間にか

どんどん伸びてしまって

気づいた時には、

あれ?どうしよう!?

って思ったことはありませんか?

 

いつもは、

ギョリギョリって音を出しながら、

くちばしを噛み合わせて研いだり、

やすり効果のある止まり木を

ガリガリして、

くちばしを削って自分で調整しますが、

そのような行為をいつの間にか

しなくなってしまった。

 

もしくは、

自分で調整しようとしているのだけど、

くちばしの伸びるスピードが速くて、

どんどん伸びてしまった。

 

そんなことになったら、

とても心配ですね。

 

今回は、そういったインコちゃんの

くちばしが伸びる理由と

対処についてのお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

猫ちゃん、わんちゃんもいる方は、

こちらも参考にして下さいね。

 

犬が留守番中に吠える時はグッズで対策!使い方と驚きの効果厳選3つ

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

猫に旅行中の留守番をさせる時、予備トイレとライフラインは必須!

 

<スポンサーリンク>



 

インコのくちばしが伸びる驚きの原因、わかれば万事解決!対処法3選

その1:くちばしが伸びてしまう原因

どうしてインコのくちばしが

伸びてしまうのでしょう?

 

通常インコは、くちばしを

自分で噛み合わせで研いだり、

止まり木などの固い物で研いで

調整しています。

 

ですので、

 

①:自分で研がなくなってしまった。

②:自分で研いでいるが、伸びるのが

異常に速く追いつかない。

 

のどちらかということになります。

 

①の場合、さらに

 

・インコが高年齢になって

自分で研げなくなった。

 

・研ぐための固いものがない為、

自分で研げない状況にある。

 

っということが考えられます。

 

②の場合、明らかに異常な状態です。

 

インコのくちばしは、

人間の爪と一緒で

何層にもなっている構造です。

 

さらに、ストレスや栄養の状態が

最も出やすいところでもあります。

 

病気の場合も症状が

現れやすいところですので、

すぐに獣医さんに診てもらいましょう!

 

<スポンサーリンク>



 

インコのくちばしが伸びる驚きの原因、わかれば万事解決!対処法3選

その2:インコの気持ち

インコは、自分でくちばしを研ごうと

いろいろなものをかじって調整します。

 

自然に研がれて、ちょうどいい長さを

保っているのです。

 

自分でくちばしをギョリギョリと

すり合わせて研いだり、

止まり木などで研いだりします。

 

しかし、インコによっては、

止まり木には見向きもしないで、

割り箸などにしか

興味がない子もいるのです。

 

逆に、何にもくちばしを

研ごうとしない場合は、

割り箸を目の前で振ってあげると

噛んでくれる場合もあるので、

そうやってかじってくれるように、

慣らしていくのもよいと思います。

 

本来は、

自分でくちばしを研ぎたい習性を

持っているので、

その性質を刺激してあげることが大事です。

 

インコが好んでかじる割り箸やおもちゃを

いろいろ試してみましょう!

 

インコのくちばしが伸びる驚きの原因、わかれば万事解決!対処法3選

その3:病気の可能性

インコが自分でくちばしを

研いでいるにもかかわらず、

どんどん伸びてしまう。

 

そのような場合は、病気の可能性も。

 

栄養障害であれば、

カルシウムが足りない可能性があります。

 

カルシウムを吸収するには、

ビタミンDが必要で、

このビタミンは、

日光浴で紫外線を浴びると

インコの体内で作られます。

 

窓越しではなく、

直接日光浴できる環境が必要です。

 

セキセイインコであれば、

疥癬(かいせん)という

病気の可能性もあります。

 

この病気は、

トリヒゼンダニが寄生すると

かかる病気で

インコが痒がったり、

瞼の上にポコポコと穴の開いた

かさぶたのようなものが出来ます。

 

異常なスピードで

くちばしが伸びます。

 

また、

インコの肝機能が低下した場合も

くちばしが伸びたりします。

 

インコの種類によって症状は、

さまざまですが、

 

・ふさふさとしたやわらかい

羽毛が目立つようになる。

 

・痙攣(けいれん)を起こす。

 

などが見られることもありますので、

注意深く、観察する必要があります。

 

肝機能の低下は、

メスのインコの発情によるものもあるので、

そういった場合は、

オスと一緒にすることで

治ることもあるそうです。

 

<スポンサーリンク>



 

インコのくちばしが伸びる驚きの原因、わかれば万事解決!対処法3選

その4:まとめ

インコのくちばしが、

どんどん伸びてしまったら、

まず、病気なのか、

自分で研いでいないのか

よく観察することが大事ですね。

 

異常に伸びてしまったら、

インコの体の様子を観察して

病院に連れていきましょう!

 

また、病気ではなくても、

くちばしが伸びてしまったら、

自分で切らないで、

病院に連れて行き、

くちばしの切り方を習いましょう!

 

自己流で切って血が出てしまったら大変です。

 

1グラム出血すると命に関わるそうです。

 

くちばしが異常に伸びきってしまう前に

普段から気を付けてインコを見てあげましょうね。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です