うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

愛犬がタオルや衣類、布団などを噛む癖には驚くべき意外な理由が!?

2017年11月05日 [ タオル 噛む 理由 ]
Pocket
LINEで送る

愛犬がタオルや衣類、布団などを噛む癖には驚くべき意外な理由が!?

いつも癒しと楽しみ、

人生の一部に寄り添ってくれる

かけがえのない愛犬。

 

でも、

タオルや衣類、ふとんを噛んでしまって

ボロボロになると

さすがに腹立たしいし

なんとかやめて欲しいと

悩んでしまいますよね。

 

愛犬は、

おもちゃだと思って

じゃれて遊んでいるだけ

なのかもしれません。

 

それ以外でも

タオルを噛んじゃう

ワンちゃんにも

ちゃんと理由があります。

 

そのうちのいくつかを

ご紹介したいと思います。

 

お互いに気持ちよく、

気分良く幸せに生きれるように

しっかり原因を追求しましょう!

 

今回は、

そんなわんちゃんの噛み癖のお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

犬と猫のしつけの違いは?それぞれの習性や性格に合ったしつけとは?

犬の散歩時にリードを噛む癖はこれで解決!簡単に治せる5つの方法

犬が留守番中に吠える時はグッズで対策!使い方と驚きの効果厳選3つ

 

<スポンサーリンク>



 

愛犬がタオルや衣類、布団などを噛む癖には驚くべき意外な理由が!?

その1:おもちゃだと思ってじゃれている

わんちゃんにとって

運動は必要不可欠です。

 

日中の運動やお散歩が足りてなかったり、

普段遊ぶときに

タオルに似た生地感のもので

遊んでいたりすると、

1人で遊ぶときにも構って欲しくて、

ついつい

ボロボロにして欲しくないタオルなどで

遊んでしまうこともあります。

 

普段遊んであげるおもちゃを決める、

それ以外で噛んだり遊んだりしたときは、

しっかりと叱る、

ということが大切です。

 

ここで、

注意したいのは、

“噛むこと自体を叱らない”ことです。

噛むことは犬の本能です。

動をコントロールするのは不可能です。

 

これを、

しっかり理解して

“噛んでいいものとダメなものの

区別をしっかりつける”のが目標です。

 

痛い!と言って口から離す

これを噛んだらいけないと思わせる

噛んでもいいものを与えて一緒に遊んであげる

 

根気のいることですが

少しずつ覚えていきます。

 

<スポンサーリンク>



 

愛犬がタオルや衣類、布団などを噛む癖には驚くべき意外な理由が!?

その2:「歯がかゆい」が原因の場合

この場合、

幼犬(一歳前後までのわんちゃん)が

歯の生え替わりなどで

ムズムズして

噛んでしまうことがあります。

 

生後2ヶ月で

わんちゃんには乳歯が生え揃います。

そのあと半年くらいかけて

永久歯への生え替わりが始まります。

 

成長過程で逃れられないことなので、

こればかりは

やめさせるのはとても難しいです。

 

噛んで欲しくないものは

手の届かないところに置いておいたり、

噛めないような工夫をすることが大切です。

 

また、これは、

いずれ噛まくなります。

 

寛大な心で付き合ってあげるのが大切です。

 

歯のかゆいときに

与えるお気に入りのものを

別で作ってあげることも

一つの作戦でしょう。

 

<大人気お薦め>
モグワンドッグフード2

 

愛犬がタオルや衣類、布団などを噛む癖には驚くべき意外な理由が!?

その3:心の病気「ブランケットサッキング」

“噛む”という行為にも

様々ありますが、

タオルを吸うようにチュパチュパしたり、

それが悪化して

噛んで食べてしまう癖に

なっている場合があります。

 

この場合は、

ストレスからくる

心の病気”強迫性障害”

可能性があります。

 

遺伝的理由や早期離乳なども

原因の一つとされていますが、

ストレスからくることが多いそうです。

 

ダックスフンドやドーベルマンは、

このような症状が

見られることが比較的多いのですが、

他の犬種でも

もちろん可能性はあります。

 

この場合、

まずストレスを和らげてあげることを

率先してあげることが大切です。

 

運動不足の解消。

 

しっかりと遊んであげる。

 

タオルを犬から遠ざけておく。

 

吸い出したら大きな音を立てて、

噛むと嫌なことが起きると思わせる。

 

犬の嫌いなことをするときは、

なるべくストレスが

かからないような心がけをする。

 

多頭飼いのお家だと

そのワンちゃんとの

相性などもあるかもしれません。

 

どのタイミングで噛むのかを

しっかり見てあげることも大切です。

 

それでも改善しない場合は、

一度カウンセラーに

診てもらう事も、

ぜひ検討して下さいね。

 

<スポンサーリンク>



 

愛犬がタオルや衣類、布団などを噛む癖には驚くべき意外な理由が!?

その4:まとめ

いかがだったでしょうか?

 

わんちゃんの行動の一つ一つに、

理由ない行動は一つもありません。

 

言葉を話せないぶん、

しっかりと仕草や行動で

知らせてくれています。

 

しっかり

それをキャッチして一緒に治していく。

 

一緒に幸せになっていくことを、

どうか諦めないで下さいね。

 

1人で悩まずに、

カウンセラーや病院を

利用することも

とても大事ですね!

 

今日も愛犬と幸せな1日を送れますように・・・

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「ペット情報など」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です