うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫のトイレを自動化しよう!長所と短所を理解して簡単にできる方法

2017年09月26日 [ トイレ 自動 ]
Pocket
LINEで送る

猫のトイレを自動化しよう!長所と短所を理解して簡単にできる方法

猫の自動トイレを見た事はありますか?

 

人間のトイレは自動化が進み、

自動洗浄や自動点灯、

自動で蓋が開くもの、

手を差し出すと自動で水が出てくる蛇口。

 

これらは本当によく目にします。

 

最近のあらゆる自動化の技術は、

本当に素晴らしいものです。

 

いろいろな場面で、便利さを感じます。

 

車の自動運転なども出てきていて、

安全なのか、危険なのか、

たまに分からなくなる事があります。

 

ここを自動にしてしまうのか!

と必要性を疑ってしまう物や、

驚くような物もありますよね。

 

勿論、その自動化には、

全てに利点があります。

 

けれどその裏には、

不便な点も確実にあります。

 

メリット・デメリット

この二つは表裏一体です。

 

どちらも知っておいて、

正しく安全に、便利さに

あやかりたいものですね。

 

今回は、

猫の自動トイレの

特徴についてのお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫のトイレのにおい対策!これで快適、簡単にできる驚きのワザ6選

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

猫のトイレ設置場所の決め手は?条件とおすすめポイントを大公開!
 

<スポンサーリンク>




 

猫のトイレを自動化しよう!長所と短所を理解して簡単にできる方法

その1:猫の自動トイレの特徴

今、世の中では、

猫の自動トイレが販売されています。

 

自動トイレとはその名の通り、

猫がトイレで用を足した後、

トイレが自動的に、

尿で固まった砂と便を

下にあるゴミ箱に吐き出してくれます。

 

ゴミ箱には、サイズの合う袋を入れておき、

そこに溜めておける仕組みです。

 

ゴミ箱に落ちた排泄物からは、

臭いが漏れる事もなく、

トイレの度に清掃しなくても、

常に清潔なトイレを保ち続けられるとの事。

 

家を留守にする事が多い人や、

頻繁に掃除できない人、

そしてトイレを使う猫自身にも、

とてもありがたいトイレですね。

 

ただ、便利なだけあり、自動トイレは高価です。

 

機械音がするので猫の性格によっては、

使わない事もあるかもしれません。

 

保証期間の有無などを、

購入前に確かめておくのが

ベストなようです。
 

<スポンサーリンク>




 

猫のトイレを自動化しよう!長所と短所を理解して簡単にできる方法

その2:猫の自動トイレの様々な種類

猫の自動トイレは、

様々な会社で販売されています。

 

形状も性能も値段も様々。

 

ざっくりと、まとめてみました。

 

<形状>

・ドームタイプ

 

・オープンタイプ

 

<性能>

・猫が入ってきてから掃除までの

タイマー設定が何パターンかできる

 

・掃除までの時間が固定時間

 

・排泄容器が満タンになると、

光って教えてくれる

 

・手動モードつき

 

・スリープモードつき

 

・掃除が網タイプ

 

・掃除がクシタイプ

 

<値段>

約3万円〜約10万円と幅があります。

 

オープンタイプより、

ドームタイプの方が高価です。

 

また、シングル猫用だと、

小ぶりで安価になる様です。

 

猫の自動トイレは、

排泄物を自動で掃除し、

清潔なトイレ環境を保つので、

頭数分のトイレが必要なく、

多頭飼いに向いていると

言われています。

 

猫のトイレを自動化しよう!長所と短所を理解して簡単にできる方法

その3:キャットロボットOpen Airとは

オートメーテッドペットケア キャットロボット オープンエアー アマゾンでお買い得!
オートメーテッドペットケア キャットロボット オープンエアー アマゾンでお買い得!

 

代表的な猫の自動トイレを

見てみたいと思います。

 

2016年に日本で販売開始された

自動トイレの大人気商品。

 

定価は税抜98,000円と高価!

 

にも関わらず人気があるのは、

見た目のスタイリッシュさにあります。

 

まるで宇宙船の様な近未来な雰囲気です。

 

このトイレは、鉱物系の猫砂を使用します。

 

ドームが回転して、

固まった猫砂とフンを、

下にあるコンテナに落とす仕組み。

猫が中に入ると、センサーで感知し、

掃除までのカウントダウンを始めます。

 

カウントダウン時間は、

3分・7分・15分と選べます。

 

中に猫がいる時に、きちんと感知する

緊急停止センサーがついています。

 

また、手動モードや掃除モードへの

切替えが出来ます。

 

掃除の際は、パーツを分解できます。

 

また、入り口が大きくなり、

大きい猫でも使いやすくなったようです。

 

至れり尽くせりの機能ですよね。
 

<スポンサーリンク>




 

猫のトイレを自動化しよう!長所と短所を理解して簡単にできる方法

その4:まとめ

憧れと現実の間。

 

大きさも、機能も値段も。

 

様々な猫の自動トイレ。

 

専用の消耗品が必要な物や、

そうではないものなど。

 

初期費用だけでは比べられない

部分もあるようです。

 

安くない買い物なだけに、

様々な面から検討する必要がありそうです。

 

掃除が出来ない状況でも

常に清潔なトイレ環境を保ってくれる。

 

トイレの大問題の匂い対策にもなる。

 

一人暮らしや、出張が多い方には、

猫にも人にも優しいトイレ。

 

でも、

財布には少し厳しいかもしれません。

 

・部屋に置いたときの存在感の程度

・どの位臭わないものなのか

・どんな感じで掃除するのか

・掃除するときの負担感

・猫の反応はどんな感じなのか

 

見てみたい気持ちは存分にあります。

 

ただ、あまりにも自動なので、

日頃の排泄物チェックを忘れてしまいそうで

少し不安を感じますね。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です