うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

2017年09月14日 [ 付け根 尻尾 ]
Pocket
LINEで送る

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

 

猫の尻尾って、ピン!って立ったり、

だらんってなったり、

いろいろな動きをして

観察していると面白いですよね~。

 

ずっと見ていても飽きないし・・・

触ろうとすると怒られたり・・・

ぎゅっと握りたくなっちゃいます。

 

猫の尻尾にはいろいろな役割がありますが、

そんな尻尾の付け根って

よく見たことありますか?

 

一緒に暮らしている猫ちゃんを

よく観察してみて下さい。

 

今日は、そんな尻尾の付け根の秘密について

お伝えしていきたと思います。

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫が尻尾や毛の動きで、人間に送る見逃し厳禁の大切なサインとは?

猫のしっぽの先が白くなるのは遺伝子による神秘的な奇跡のストーリー

猫の正しいしつけは、噛む、ひっかく癖の理由がわかれば万事解決!

 

<スポンサーリンク>



 

 猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

その1:尻尾の付け根の秘密

猫の尻尾の付け根あたりには、

たくさんの神経が通っていて

ツボが集中しているため

とても敏感な部分であると言われています。

 

人のツボを押すときは

少し強めに押して気持ちいいくらいですが、

猫の場合は軽くマッサージするように

または、優しくトントンすると

喜ぶ猫が多いようです。

 

触ると嫌な猫もいるようですが、

多くの猫が喜んで恍惚とした表情になったり、

よだれを垂らす猫もいるようです。

 

ただし、不妊手術を

行っていない猫の場合には、

交尾をする体勢になる場合が多く、

尻尾の付け根トントンが

逆にストレスになる可能性があるため、

不妊手術を終えている猫に対してのみ

行うことをお勧めします。

 

<スポンサーリンク>



 

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

その2:これであなたも猫にモテモテ?

猫の尻尾の付け根を

ゆっくり撫でるよりも、

指でトントンと叩いたり、

カリカリと掻いてあげると

猫は気持ちよくてウットリします。

 

中には喉をゴロゴロと鳴らして喜んだり、

舌を出してしまう猫もいるようです。

 

基本的には手のひらでトントンと

リズミカルに叩くのですが、

それぞれの個性があることと、

敏感な部分であることから

猫に合ったトントンを見つけて

優しくトントンしてあげて下さい。

 

中には腰トントンを嫌がる猫もいるので、

嫌がられたらしないでおきましょう。

猫は腰トントン以外にも、

気持ちいいポイントがいくつかあります。

 

あごの下耳の後ろがそれにあたり、

ニオイを出す分泌線が多くあり、

その部分を人や物にこすりつけ、

自分のニオイをつけることで安心します。

また、自分では舐めてお手入れが

しにくい部分でもあるため喜ぶようです。

 

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

その3:猫の尻尾の付け根を掻いた時のリアクション

猫の尻尾の付け根を

カリカリ掻いてあげると、

尻尾があがり気持ちよさそうな表情に

なっていきますが、

やっている途中で立ち去るようであれば、

もういいよという意味になります。

 

まれに尻尾の付け根を触られることを

嫌がる子もいるので、

少し触ってみて嫌がるようであれば、

触らないようにしましょう。

 

尻尾の付け根カリカリのコツは

ゆっくりなでるよりも

指で優しくトントンと叩いたり、

掻いてあげたほうが気持ちいいようです。

 

猫のストレスを発散させてあげたいとき

などお勧めです。

 

また、爪切りやブラッシングが

苦手な猫の場合は、

尻尾の付け根トントンで

リラックスさせてから行うことも一つの方法です。

 

猫が喜ぶと飼い主もうれしいので、

少しずつ信頼を築いていきましょう。

 

<スポンサーリンク>



 

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

その4:まとめ

猫の尻尾の付け根トントンは

猫が喜んでくれ、スキンシップにより

飼い主も嬉しくなる

魔法のようなものだと思います。

 

自分の体験では、

オス猫は、付け根トントンには

全く反応しませんでしたが、

最近は尻尾をあげ

気持ちよさそうにしています。

 

今は嫌がったとしても、

何度かチャレンジしてみているうちに

好きになる子もいると思われるので、

少しずつ猫とのスキンシップも兼ね

トントンしてみるのがお勧めです。

 

余談ですが、私の経験では

「もういいよ」の合図はあま噛みする子もいます。

いずれにしても、

その子の個性にあったトントン

カリカリで、猫とのスキンシップを取り、

飼い主も猫も嬉しく過ごせると素敵ですね。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です