うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

犬と猫のしつけの違いは?それぞれの習性や性格に合ったしつけとは?

2017年10月12日 [ しつけ 違い ]
Pocket
LINEで送る

犬と猫のしつけの違いは?それぞれの習性や性格に合ったしつけとは?

無条件に甘えてくれる犬に対し、

気が向いた時にしか甘えない猫。

 

犬には犬のよさが、猫には猫のよさが

それぞれありますよね。

 

どちらも飼えば、可愛い家族の一員です。

 

ただし、一緒に生活していく上で、

最低限のしつけは、

しておきたいところです。

 

犬は人間にとても従順で、

しつけ次第では

完璧に言うことを聞く子もいます。

 

でも、猫はマイペースで気分屋。

 

飼い主さんの言うこともどこ吹く風。

 

そんな猫をしつけるコツはあるのでしょうか。

 

今回は犬と猫の習性や違いについて

紹介してみたいと思います。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

犬や猫についての理解が深まると思います。

 

犬の散歩時にリードを噛む癖はこれで解決!簡単に治せる5つの方法

猫がケーブルを噛む癖は、対策をしっかりと!甘く見てると大危険!

猫に旅行中の留守番をさせる時、予備トイレとライフラインは必須!

 

<スポンサーリンク>



 

犬と猫のしつけの違いは?それぞれの習性や性格に合ったしつけとは?

その1:犬と猫の習性を使ってのしつけ

犬はとてもしつけやすい動物ですが、

猫はとても気まぐれで、

しつけることが難しいこともあります。

 

犬と猫ではしつけ方が全く異なります。

 

それぞれの習性を理解した上で

きちんと認識させていくことが大切です。

 

犬は主従関係を築くことで

しつけを行うのに対し、

猫は天罰方式で

しつけを行います。

 

犬は叱ってしつけができますが、

猫は叱ってもほとんど効果がないので、

して欲しくない事をした時に、

天罰が下ったように

嫌な事をする方法が効果的です。

 

例えば、猫の水を嫌う習性を利用し

して欲しくないことをされたときに

霧吹きを使ったり、

大きな音を出したりすることです。

 

猫は何でも言うことを聞いていると、

飼い主を自分より下だと位置づけます。

 

位置づけされてしまうと、

しつけをするのは

とても難しくなります。

 

おやつなどを欲しがって、

わがままを言っている場合は、

聞こえないフリをしましょう。

 

<スポンサーリンク>



 

犬と猫のしつけの違いは?それぞれの習性や性格に合ったしつけとは?

その2:犬と猫の性格の違い

犬は元々リーダーを頼りながら群れで

生活している動物です。

 

猫の方は、犬とは異なり単独行動を

好む動物です。

 

猫はリーダーに従って

行動するという習性がない為、

よい意味で

人間と距離を置きながら

付き合っています。

 

そのため、従順な犬とは異なり、

マイペースに行動している

という性格の違いがあるのです。

 

犬は叱ってしつけることが

できる場合もありますが

猫は叱られても

こっそりやればいいかと

思ってしまう賢い動物だからこそ、

しつける時は飼い主さんとの

知恵比べになります。

 

猫は嬉しかったことは

忘れやすいものですが

嫌だったことは

覚えている動物だとも

言われています。

 

猫をしつける時は

飼い主さんに対しては

嫌な印象を持たせないように、

不快な気持ちを

覚えさせることが効果的です。

 

犬と猫のしつけの違いは?それぞれの習性や性格に合ったしつけとは?

その3:犬と猫のしつけの難易度

犬は飼い主さんに

構ってほしいという人懐っこい

性格をしています。

 

はじめに主従関係を築いて

しつけの方法を押さえてあげれば、

無駄に吠えるなどということもなく

しっかり言うことも聞き、

従順でそこまでしつけが難しい

ということもないでしょう。

 

対して、猫は気分屋な性格で

飼い主さんが何かに集中している時には

邪魔をしに来て、

一緒に遊ぼうとすると

そっぽを向いたりすることもある

気まぐれな動物です。

 

猫はきれい好きな動物の為、

トイレのしつけは犬よりも簡単にできます。

 

ただし、猫にして欲しくないことを

飼い主さんが言葉でしつけるには

難しい部分があります。

 

猫をしつける場合は、

根気よく「ダメ」なことを

工夫して教えてあげることが大切です。

 

<スポンサーリンク>



 

犬と猫のしつけの違いは?それぞれの習性や性格に合ったしつけとは?

その4:まとめ

犬を飼うにしても猫にしても、

人間との生活をしていくためには、

ある程度のしつけをしなければなりません。

 

犬の場合、人間に対して従順なため、

しっかり教えていれば、しつけは

かなりうまくいくと思います。

 

最低限でも無駄吠えをしないように

しつけておかないと、ご近所に迷惑を

かけてしまうことだってあります。

 

猫の場合は、トイレのしつけは簡単にできても

その気まぐれな性格のため、

やってほしくないことをしつけるためには、

飼い主さんの根気が必要です。

 

猫ちゃんの性格をよく観察した上で

その子に合った方法を見つけてしつけていきましょう。

 

犬も猫も家族の一員として、快適に過ごせる方法を

見つけることが大切ですね。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です