うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫アレルギーを抑える方法とは?原因や症状を理解してしっかり対策!

2017年10月17日 [ アレルギー 抑える 方法 ]
Pocket
LINEで送る

猫アレルギーを抑える方法とは?原因や症状を理解してしっかり対策!

猫が大好きなのに、

「猫アレルギーで飼えないんです。」

ということを聞くことがあります。

 

猫アレルギーがある為に、

これまで猫を飼うことを

ためらっていた方も

少なくないと思います。

 

猫アレルギーの症状が

軽度か重度かによる違いもある為、

重度の場合には、

猫を飼うことが難しいかもしれません。

 

まずは、

猫アレルギーの症状が

どの程度のものなのか、

医療機関で検査を受けましょう。

 

その上で、

猫アレルギーの症状を抑えたり、

対処方法があることがわかれば、

猫を飼うことに

前向きになれるかもしれません。

 

今回は、そんな猫アレルギーの原因や、

症状が出た時の対処法を

ご紹介したいと思います。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫が飼い主を噛む理由は?観察して猫の訴え、サインを見逃すな!

猫のしつけ。コードを噛む理由がある?有効な噛み癖の簡単防止対策

猫のトイレのしつけは、時期やタイミング!実践、超簡単なコツ3選

 

<スポンサーリンク>



 

猫アレルギーを抑える方法とは?原因や症状を理解してしっかり対策!

その1:猫アレルギーの対策

ハウスダスト(ホコリ)には、

服の繊維やダニ、フケや毛髪、

カビの胞子などが含まれます。

 

目に見えないホコリも空気中にあり

知らずにハウスダストを吸い込んでしまい

アレルギー症状を

引き起こす原因となっています。

 

ハウスダストには、

アレルゲンという物質が含まれており、

猫の唾液や皮膚などに

含まれています。

 

その為、

ハウスダストの中にある

猫の毛やフケなどにより、

アレルギー症状が出やすくなるのです。

 

アレルゲンが付着しやすいものとして

布製のものは特に注意が必要です。

 

布団、カーテン、ぬいぐるみや

カーペットなど

ホコリを吸着しやすいものは

丁寧に掃除しましょう。

 

また、

目に見えない空気中のホコリ対策の為、

空気清浄機を使うことで、

アレルゲンが舞うことを

軽減することができます。

 

<スポンサーリンク>



 

猫アレルギーを抑える方法とは?原因や症状を理解してしっかり対策!

その2:猫アレルギーの症状や市販薬

猫と生活を始めてから、

目の痒み、充血、鼻づまりなどの

症状が現れた場合、

猫アレルギーの可能性があります。

 

猫アレルギーが引き起こされる仕組みは、

解明されていない為、

治すことはできませんが、

病院での治療として、

症状を薬で抑えることで対処します。

 

アレルギーの市販薬には、

抗アレルギー薬」や

抗ヒスタミン薬」があります。

 

ただし、薬には効果に個人差があるため、

市販薬を自己判断で飲むよりも

病院で処方してもらう方がいいでしょう。

 

併せて、アレルゲンを減少させる為に

毛が抜け落ちる前に、

ブラッシングをして

毛を取り除いてあげたり、

月に一回程度のシャンプーも効果的です。

 

また、

毎日きちんと掃除をして

アレルギーが引き起こされない環境を

つくることも大切です。

 

猫アレルギーを抑える方法とは?原因や症状を理解してしっかり対策!

その3:猫アレルギーの原因や症状

アレルギーの症状は、

アレルゲンと呼ばれる

異物が体内に入ったときに、

体がアレルゲンを

排除しようとして起こります。

 

猫アレルギーの場合、

アレルゲンは、

猫の脂線、肛門腺、唾液腺などから

分泌されています。

 

猫アレルギーの代表的な症状は、

くしゃみ、鼻水、咳、目のかゆみなど、

花粉症に似た症状です。

 

症状には個人差があり、

重い場合、

皮膚の腫れ、喘息、呼吸困難など

命に関わる症状をきたすこともある為

注意が必要です。

 

猫の毛が付きやすいカーペット等は

置かないようにしたり、

掃除機や空気清浄機を使用し

アレルゲンを排除しましょう。

 

また、猫に触れた後は、

必ず手洗いしたり、

服についた猫の毛を取り除きましょう。

 

アレルゲン除去の対策を取りながら、

医療機関を受診して、

アレルギー症状を抑える薬を

処方してもらうことが望ましいでしょう。

 

<スポンサーリンク>



 

猫アレルギーを抑える方法とは?原因や症状を理解してしっかり対策!

その4:まとめ

猫は見ているだけで癒されますが

触ったり抱っこすることで

もっと癒されますよね。

 

それなのに、

猫アレルギーだなんて

辛いですよね。

 

私にも少し猫アレルギーがありますが

疲れていたりすると、症状がひどく出て

くしゃみが止まらなくなったりします。

 

その為、症状がひどいときには

猫に接する前に、

病院から処方された薬を

飲んでおくようにして対処しています。

 

あらかじめ薬を飲むことで症状が

軽く済んだり、全く出ないで

済むこともあります。

 

猫アレルギーを引き起こしにくくするには

毎日こまめに掃除をしたり、

空気清浄機を使いアレルゲンを

排除することが大切です。

 

また、猫を触った後は、

手洗いも忘れずに行い、

できるだけアレルギーを

起こさずに済むように

気を付けていきましょう。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です