うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

2017年10月22日 [ キャリー リュック 宇宙 ]
Pocket
LINEで送る

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

猫と暮らすのに必需品のキャリー。

 

初めて猫が来る前、

ホームセンターに行って、

ワクワクしながら一式揃えた

そんな記憶があります。

 

一式揃える時は、

出費が結構かさんでしまいます。

 

可愛さよりも、とりあえず必需品!

といった感じで安いものを選んだ記憶が。

 

キャリーはずっと必要な物なので、

使い勝手などで買い替えたりもします。

 

そして、今の時代。

 

ものすごく可愛いキャリーが

販売されているのです!

 

それが、

猫用宇宙船型キャリーバックです!

 

一目見た時の衝撃は、

いろんな人と分かち合いたいほど。

 

キャリーに入ると、

猫がまるで宇宙服を着ている様!

 

丸いカプセル窓。

 

好みに合わせて選べるカラー。

 

史上最強に可愛いのではないかと

思います!

 

今回は、そんな最新のキャリーのお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫の脱走対策に有効な方法とは?窓などにできるおすすめのグッズ3選

猫がしっぽを噛むのはストレスのサイン!?3段階のストレス解消法

猫を病院へ連れて行きたいのにキャリーに入らない!どうすれば!?

 

<スポンサーリンク>



 

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

その1:タイプによって使い勝手も様々

猫用宇宙船型キャリーバックには、

様々な種類があります。

 

バッグ型・リュック型

 

ハードタイプ・ソフトタイプ

 

機能性も様々です。

 

どんな時に使うか、猫ちゃんの性格等

使い勝手を考慮して探しましょう。

 

・バック型

 

よく見る猫用キャリーと同じ形です。

 

リュックタイプよりも底面が広く、

安定感があります。

 

車や電車での長距離移動に適しています。

 

・リュック型

 

両手が自由に使えるのが

最大の便利ポイントです。

 

自転車移動や災害時などに適してます。

 

・ハードタイプ

 

雨や汚れに強く手入れがしやすいタイプ。

 

頑丈なので、移動の際に安心です。

 

ソフトタイプと比べて重みがあります。

 

・ソフトタイプ

 

軽くてたためるので収納も便利です。

 

柔らかく変形しやすいので、

移動時の保護面で少し心配です。

 

<スポンサーリンク>



 

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

その2:見た目だけじゃない

まずは見た目で人目を引くキャリー。

 

やはりもっとも特徴的で可愛いのは、

宇宙船の窓を思わせる、バブルカプセルです。

 

この窓部分は、

カプセル窓とメッシュ窓の

2パターンが付属していて、

状況や好みで付け替えが出来ます。

 

通気性を良くしたい場合や、

怖がりの猫ちゃんの場合は、

メッシュタイプを使うと良いようです。

 

また、空気穴やメッシュ部分で

通気性が考慮されています。

 

さらには、

飛び出し防止金具がついているタイプも。

 

飛び出し金具は、フック式になっていて、

首輪やハーネスなどにつける事で、

飛び出しを防止できる安心機能です。

 

中敷クッションもついていて、

優しい作りになっています。

 

ただし、

キャリーはあくまで移動用です。

 

長時間入れたまま放置するのは、

絶対にしないて下さい。

 

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

その3:お手頃な価格設定

【pop】ペットバッグ 宇宙船カプセル型ペットバッグ リュック機能付き アメリカ人気モデル  ペットバッグ 犬猫兼用(ブラウン)
宇宙船カプセル型ペットバッグ
リュック機能付き アメリカ人気モデル
  ペットバッグ 犬猫兼用(ブラウン)

宇宙船型キャリーバックは、

たくさんの色の種類があります。

 

ビビットカラーから

落ち着いたカラーまで

実に様々です。

 

これだけ、デザイン性が高いのなら、

さぞかしお値段も高いのでは?

と思ってしまう人が多いでしょう。

 

けれど、このキャリーバック。

 

お手頃値段なんです!

 

3千円台から買えるものもあります。

 

5千円前後が多いイメージです。

 

ものによっては勿論、

数万円するものもありますが。

 

普通の安価なキャリーケースでも、

三千円位はするので、

キャリーケースの中で、

特別高価な物というわけでもないようです。

 

高いデザイン性は勿論のこと、

機能性も高く作られています。

 

きちんと猫の事を考えて作られている。

 

そんな印象を受けます。

 

人気が出るのがとても納得出来ます。

 

<スポンサーリンク>



 

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

その4:まとめ

猫用宇宙船型キャリーバック。

 

知れば知るほど

欲しくなるキャリーバックです。

 

・見た目の可愛さ

・使い勝手の良さ

・選択肢の多さ

・値段の手頃さ

 

買わない理由がないのでは?

と思うほどの優れものです。

 

形も色も素材も異なるのに、

宇宙船らしさはどれも変わらない。

 

外を見るのが好きな猫の特性を

活かして、カプセル窓をつける。

 

カプセル窓から覗く姿の愛らしさ。

たまりません。

 

機能性にも猫への愛を感じます。

 

キャリーに入りたがらない、

病院に行ったら出たがらない、

そんな猫の性質も考慮されています。

 

うちの猫だったらこのタイプがいいかな、

などと思いを巡らす人は多いでしょう。

 

そして最大の長所は、

やはり手が届くお値段である事!

 

我が家にも欲しいなと

本気で検討してしまいます。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です