うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫の尻尾の付け根が腫れている?と感じた時に考えられる3つの病気

2017年09月17日 [ 付け根 尻尾 腫れ ]
Pocket
LINEで送る

猫の尻尾の付け根が腫れている?と感じた時に考えられる3つの病気

 

猫の尻尾の付け根には、

たくさんの神経があります。

 

つまり、とても重要な場所です。

 

尻尾に触れた時に、

猫が声をあげた事はありますか?

 

いつもと違う声。

 

触った人間の方がビックリしたら

猫もおそらくビックリしている事でしょう。

 

理由なしに、猫は鳴きません。

 

何かがあって、鳴きます。

 

いつもと違う反応が起こったら、

何かがある!」と思って

猫の体をチェックしてみましょう。

 

怪我や病気の可能性があります。

 

自分の気のせいかもしれない、と

気がひける事も多々あります。

 

でも、猫に出てる症状が、

病気を示唆するようなものであれば

覚悟が必要になります。

 

今日は、ごく一部ではありますが、

大切な尻尾の付け根に関係しそうな

症状と病気を調べてみました。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫の尻尾についての理解が深まると思います。

 

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

猫のしっぽの先が白くなるのは遺伝子による神秘的な奇跡のストーリー

猫の爪とぎ対策と、しつけの成功法!可愛い猫ちゃんが行儀良くなる秘訣

 

<スポンサーリンク>



 

猫の尻尾の付け根が腫れている?と感じた時に考えられる3つの病気

その1:未去勢の雄猫に多い病気・スタッドテイル(尾腺炎)

スタッドテイル(尾腺炎)

しっぽの付け根にある尾腺から、

皮脂の過剰分泌が続き、

皮脂が溜まり、炎症を起こす病気です。

 

主な症状として、

炎症・患部の悪臭・脱毛があります。

症状を段階的に説明すると、

 

1.体毛が、黄ばんだり黒ずんだりする。

2.体毛に、もつれ・固まり・フケが見られる。

3.尾腺に腫れが生じ、炎症する。

4.炎症した部分から細菌感染し、化膿する。

5.猫が化膿部分を舐め、脱毛する。

 

となります。

 

男性ホルモンや体質などの

関わりが考えられていますが、原因は不明です。

 

再発が多い病気なので、

病院での治療のほか、

薬用シャンプーによる洗浄等が

継続的に必要になります。

 

スタッドテイルの画像は、

とても痛々しいです。

日頃から猫の体を

清潔に保つように気をつけましょう。

 

<スポンサーリンク>



 

猫の尻尾の付け根が腫れている?と感じた時に考えられる3つの病気

その2:猫のお尻トラブル。肛門嚢炎。

肛門嚢炎

 

猫の肛門の左右には、

肛門嚢(こうもんのう)があります。

 

マーキングに使われる分泌物を作る器官です。

 

正常な場合、肛門嚢で作られた分泌物は

排便の際に筋肉に圧迫され、

体外に排出されます。

 

しかし、老化・運動不足による筋肉の衰え、

肛門周りの汚れなどが原因となり、

肛門嚢が正常に機能しなくなると、

腫れ、化膿、痛みが生じます。

 

基本的な処置は肛門腺を絞る事ですが、

酷くなると、肛門嚢が破れ膿が出ることもあり、

投薬や外科手術が必要になります。

 

予防として、定期的な肛門腺絞りが有効です。

 

けれど自宅でする場合、嫌がる猫も多く、

出来る出来ないは個人差があると思います。

 

気になる場合は、かかりつけの獣医さんに

相談してみるのが良いと思います。

 

猫の尻尾の付け根が腫れている?と感じた時に考えられる3つの病気

その3:尻尾の付け根のしこり

しこり

 

猫の尻尾の付け根に、

悪性腫瘍ができる事があります。

 

悪性腫瘍は人間同様、

命にかかわる病気です。

 

次の症状が見られたら、

腫瘍ができている可能性もあります。

 

迷わず、早期受診をおすすめします。

 

・尻尾の付け根にしこりがある

・尻尾を触ると痛がる

・尻尾から出血している

・尻尾の皮膚がただれている

 

腫瘍だった場合は腫瘍を調べ、

外科手術を行います。

 

場合によっては化学療法を行います。

 

猫の腫瘍は人間と同じように、

老化・遺伝子・化学物質などが

原因として考えられています。

 

とても怖い病気です。

 

触れてわかる症状や、

目に見える症状がある事は

発見できる可能性を高めます。

 

日頃から猫の体のチェックを

欠かさず行いましょう。

 

<スポンサーリンク>



 

猫の尻尾の付け根が腫れている?と感じた時に考えられる3つの病気

その4:まとめ

「猫の尻尾の付け根の腫れ」

その症状には、命に関わるものもあります。

 

猫の尻尾は見えやすい場所にありますが。

 

腫れなどは目視だけで気がつくのは

難しいと思います。

 

また、肛門は尻尾や毛に隠されて、

意識しないとあまり見ることがありません。

 

喋らない猫と暮らしていて、

猫の病気に早期に気がつくためには、

違和感に敏感であることが大切です。

 

けれど、あまり神経質になりすぎると、

余計なストレスを与えてしまう事もあります。

 

違和感を知るには、普段の状態を知っておく。

 

それが、必須条件です。

 

むやみやたらに、なんか変?と思うのは、

治療にはつながりません。

触れること、見ること。常に必要なことです。

 

ただ触りたいから触るのではなく、

猫の体の状態を、手に覚えさせる。

 

そんな事も念頭に置いておきたいですね。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です