うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫が自分の足を噛むのはなぜ?原因は皮膚病やストレスの可能性も?

2017年10月22日 [ 噛む 自分 ]
Pocket
LINEで送る

猫が自分の足を噛むのはなぜ?原因は皮膚病やストレスの可能性も?

猫は、きれい好きなので、

グルーミングをよくします。

 

また、

グルーミングは元気のバロメーター

とも言われています。

 

グルーミングしている時、

猫は舐めたり噛んだりします。

 

ザラザラ舌や小さな前歯で

匂いや汚れをとっています。

 

とても可愛らしい姿です。

 

けれど、いつもと何かが違う!?

と思うようなグルーミングを

見た事がある人は多いのではないでしょうか?

 

いつもより激しく長いグルーミング。

 

噛む様子もいつもよりずっと強い。

 

何がおかしいのか説明が出来ない。

 

けれどいつもとはっきり異なる。

 

そんな時は頭を不安が過ります。

 

それは勘違いではなく、

猫が発しているサインかもしれません。

 

 

 

今回は、

そんな猫が自分の足を噛む理由と

原因、対処法についてのお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫の困った噛み癖のしつけ。オスとメスで違う原因を知って万事解決!

猫がしっぽを噛むのはストレスのサイン!?3段階のストレス解消法

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

 

<スポンサーリンク>



 

猫が自分の足を噛むのはなぜ?原因は皮膚病やストレスの可能性も?

その1:大きな二つの可能性

猫ちゃんが自分の足を噛む場合。

 

もしかしたら、痒みが原因かもしれません。

 

痒みの原因としては、

 

・ノミ、ダニアレルギー

・食物アレルギー

・花粉アレルギー

・アトピー性皮膚炎

 

などがあります。

 

原因を特定するのが難しいので、

部屋の掃除をこまめにしたり、

フードを変えてみたり、

花粉を落としてから触るようにしたり。

 

考えられる原因を1つずつ解消し、

消去法で探すようになります。

 

また、痒みとは別の原因で、

ストレスがあります。

 

こちらも原因特定は

なかなか難しいです。

 

来客が多かったり、留守番が多かったり

トイレがきれいか、砂は足りてるか、

など、原因を突き止める為に

猫の状況を再確認する必要があります。

 

噛んで足の毛を抜き脱毛がみられる場合は

エリザベスカラー等をつける必要が

ある事もあります。

 

<スポンサーリンク>



 

猫が自分の足を噛むのはなぜ?原因は皮膚病やストレスの可能性も?

その2:肉球の状態をチェックしましょう

猫の肉球には、

汗をかくエクリン腺があります。

 

足の間の毛が多いと、

マラセチア菌という菌が繁殖しやすく、

むず痒くなる事があります。

 

マラセチア菌は、独特の臭いも伴います。

 

湿度が高いと繁殖しやすいので、

湿気の多い梅雨の時期などは

特に気をつける必要があります。

 

また、湿度とは逆に

乾燥しすぎるのもよくありません。

 

乾燥すると、

足の間の毛をむず痒く感じます。

 

それを解消するために

噛んで毛を梳く事があります。

 

私達人間も、手荒れすると、痒くなったり、

ちょっとした刺激にストレスを感じたりします。

 

それと同じなのでしょう。

 

猫にとっても、

湿度管理と毛や肉球の手入れは大切です。

 

また、足の毛は伸びすぎると、

滑ってしまったりなどの危険性もあります。

 

肉球の状態をチェックしてみましょう。

 

猫が自分の足を噛むのはなぜ?原因は皮膚病やストレスの可能性も?

その3:ストレスによる問題行動

猫が自分の足を噛む。

 

見てみても皮膚病ではなさそう。

 

そんな時は、猫の自虐症が考えられます。

 

猫はもともとストレスを感じやすい動物です。

 

神経質な為、心が不安定になる事もあります。

 

引っ越しによる環境の変化や

出産や結婚などによる同居人の変化、

来客の出入り、新しい猫が来た、

など、様々な環境の変化があります。

 

また、我慢を重ねて来た事が、

何かをキッカケに表面に出てきたり。

 

ウールサッキングや、知覚過敏症など、

過剰グルーミングなど、

よく聞く名前ではないでしょうか。

 

ストレスと一言でいっても

原因を特定するのはとても難しいです。

 

発症した時期の環境の変化を探してみても、

ずっと前から原因がある事もあります。

 

また、先天性の場合もあります。

 

場合によっては、

投薬で治療する事もあります。

 

<スポンサーリンク>



 

猫が自分の足を噛むのはなぜ?原因は皮膚病やストレスの可能性も?

その4:まとめ

猫が自分の足を噛む。

 

それは、猫からのサインでした。

 

皮膚病や皮膚の不快感。

 

そして大きなストレス。

 

このサインは酷くなると、

猫の心身を傷つけてしまいます。

 

そこまで酷くなる前に、

対処したいと誰もが思うでしょう。

 

・皮膚の状態をチェックする

 

・肉球の状態をチェックする

 

・ストレスの原因がないか考える

 

この3つが対処すべき最初のポイントです。

 

そして、

 

考えられる理由が一つではない。

 

ここもとても重要なポイントです。

 

原因が多い分、原因究明の為に

消去法を取る事が多くなります。

 

時間と根気がいる作業です。

 

また、アレルギーやストレスは

再発する事が多い事。

 

ここも念頭に置いておきたいですね。

 

短期間の問題ではなく、

長期間で付き合い続ける必要があります。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です