うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫のトイレ砂は種類が豊富!躾にいい砂から便利な砂まで比較してみた

2017年09月17日 [ トイレ ]
Pocket
LINEで送る

猫のトイレ砂は種類が豊富!躾にいい砂から便利な砂まで比較してみた

 

猫は、きちんとトイレで用を足します。

 

用を足した後は、

目にも鼻にもつきにくい様に、

きちんと砂をかけます。

 

砂をかける時、猫はとても念入りで

真面目な顔をしています。

 

そんな猫を見ていると、

とても幸せな気分になります。

 

しかし、浮かれてばかりではいけません。

 

猫は表情の通り、

トイレに対してとても真面目です。

 

野生の世界では、

いつ襲われるかもしれない状態なので、

トイレは本当に命がけ。

 

その名残を色濃く残しているのかもしれません。

 

よく、猫と暮らしていない人から、

トイレのしつけって大変?

と聞かれる事がありますが、

トイレのしつけは難しくありません。

 

砂の好みを知るのが

とても難しいです。

 

触り心地、匂い、大きさ。

 

実に種類が豊富な上に、

使ってみないと分からない。

 

そんな、大きな第一関門です。

 

今日は、猫ちゃんの

トイレや砂に関するお話です。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫の尻尾の付け根が腫れている?と感じた時に考えられる3つの病気

猫の尻尾の付け根をポンポンすれば猫があなたを好きに!そのやり方は?

猫の爪とぎ対策と、しつけの成功法!可愛い猫ちゃんが行儀良くなる秘訣

 

<スポンサーリンク>



 

猫のトイレ砂は種類が豊富!躾にいい砂から便利な砂まで比較してみた

その1:猫砂の主な5つのタイプ

猫砂の主な5つのタイプ

 

①おから系

②木材系

③紙系

④鉱物系

⑤システムトイレ

 

猫砂を選ぶ際、ポイントとして、

消臭力、飛散防止力、掃除の仕方

があります。

 

一口に、〇〇系といっても、

製造会社やその商品によって

特性は様々です。

 

最近はどのタイプでも、

消臭効果の高いもの、

飛び散りにくいものが

作られています。

 

尿の箇所に色がつくもの。

 

固まりやすいもの。

 

トイレに流せるもの。

 

砂とシートを使うもの。

 

形状や重さなども実に様々です。

 

菌の繁殖率が低い順でいうと、

おから系・木材系・紙系・鉱物系

となるそうです。

 

ただ、菌の数となると、

異なった結果がでます。

 

使ってみたいと思ったものを、

試してみて猫の反応を伺います。

 

最終審査は猫が気に入るかどうかです。

 

砂の交換回数などにも注意しましょう。

 

<スポンサーリンク>



 

猫のトイレ砂は種類が豊富!躾にいい砂から便利な砂まで比較してみた

その2:猫のトイレ砂の交換は、手を抜いてはいけない!!

猫砂は、尿や便を固めてくれます。

 

汚れた砂は取り除かれるため、

トイレ内にある砂はキレイな砂

と思う人もいるかもしれません。

 

けれど、そうではありません!

 

一度や二度は、全ての砂が

排泄物に触れていると言っても

過言ではないでしょう。

 

一度くっついて、

スコップで取る際に落ちた砂。

 

スコップから落ちてきた砂に触れた砂。

 

猫が掻いたり、砂を足した時に混ぜたり。

 

徐々に広がっています。

 

汚れが目には見えなくても

消臭・凝固の効果が弱まり

不衛生になっていきます。

 

トイレの砂には使用期限があり、

交換が必ず必要です。

 

砂の交換とは、全取替です。

 

トイレ内の砂を全て捨て、

トイレを洗い、新しい砂を入れます。

 

トイレは洗った後乾かす必要があるので、

2つは持つ事をオススメします。

 

猫のトイレ砂は種類が豊富!躾にいい砂から便利な砂まで比較してみた

その3:猫にとってトイレはデリケートな問題

猫は、トイレに対するこだわりが強く、

汚れや、トイレの環境によっては、

用を足さずに我慢する事があります。

 

この我慢は、膀胱炎などの

泌尿器系の病気の要因になります。

 

また、用を足さない以外に、

トイレを気に入っていないサインとして

次のものがあります。

 

①排泄した後に砂をかけない。

②トイレの壁やヘリを掻く。

③空中を掻く仕草をする。

④ヘリに足をかけて用をたす。

 

また、猫のトイレ環境には、

トイレの大きさや砂の量なども関係します。

 

本来、大きさは体長の1.5倍が理想。

 

砂の量は、猫が砂を掻いた時、

トイレの底が見えない程度の

深さが必要です。

 

それに加え、砂の種類、置き場所、

掃除の仕方など。

 

様々な組み合わせで

トイレ環境は作られます。

 

<スポンサーリンク>



 

猫のトイレ砂は種類が豊富!躾にいい砂から便利な砂まで比較してみた

その4:まとめ

猫と暮らしていると、

トイレのこだわりが強い事は

日頃よく目にします。

 

以前の排泄物があると、

トイレを使わなかったり、

トイレに入る時に、

落ち着きがないと思うと、

砂が少なかったり、汚れていたり。

 

泌尿器系の病気にかかりやすい事は

知っていたので、

トイレには、自然と敏感になります。

 

トイレが気に入らない4つのサイン。

 

見た事がある方は、

割と多いのではないでしょうか?

 

猫の好みを知る事は、難しいです。

 

気に入らないサインが見られたら

他のものを試してみたり。

 

選択肢が多い分難しさも増します。

 

どれがいい?と聞くことが出来たら、

どんなにいいだろうと思いますよね。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です