うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

2017年10月27日 [ ノミ 人間 症状 ]
Pocket
LINEで送る

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

お外から帰ってきた猫ちゃんを

ブラッシングしていたら、ノミ発見!

 

ノミ取りクシで

まずは取ってあげるものの

なかなか完全に

取り切れることができませんよね。

 

そのままにしておくと、

飼い主さんもノミに

噛まれることもあります。

 

また、

猫ちゃんが噛まれたことによって

病気を発症することもあり、

侮れないノミです。

 

どういった病気を

発症する可能性があるのか、

また人間を刺した場合は

どうなるのか等について

今回は紹介していきたいと思います。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫と赤ちゃんの同居は危険、毛は悪影響?理由がわかれば万事解決!

猫のトイレ、どこまで洗うべき?きれい好きな猫に絶対必要な事は?

猫のノミ駆除の期間や時期はどの程度?効果的な方法や予防対策3選

 

<スポンサーリンク>



 

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

その1:猫のノミは人間を刺すの?

猫に寄生しているノミは人間も刺します。

 

猫に寄生したノミの成虫が

人に移って感染するだけではなく、

室内で繁殖したノミから

感染することもあります。

 

ネコノミの被害が多い季節は

5月頃から秋口にかけてとなり、

発生源は野良猫の寝場所となりやすい

湿気があり暗いところです。

 

そこに出入りする飼い猫などに

寄生して家の生まで

持ち込まれてくることもあります。

 

ノミに刺されると、

とてつもない痒みが

何日も続きます。

 

赤く腫れあがったり、

水ぶくれになったりすることも多く、

刺された中心には、

出血点といわれる

噛み後があります。

 

ノミに刺された場合は、

アルカリ性の石鹸で

良く洗い流しましょう。

 

また、アロエを塗ることで、

痒みや痛みを軽減したり、

消炎作用や殺菌作用だけではなく、

毒素を中和してくれます。

 

<スポンサーリンク>



 

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

その2:猫ノミの症状や、駆除方法は?

ノミは吸血虫の為、

猫に噛みつきます。

 

噛まれた傷で強い痒みが

引き起こされるので

体を頻繁にかきむしるといった症状が

見られるようになります。

 

また、

ノミは他の病気を

引き起こしてしまいます。

 

猫が体をかいて皮膚に傷ができると

ウイルスや細菌に感染しやすくなります。

 

ノミの唾液にアレルギー反応を

引き起こす皮膚病や赤血球が異常化し、

貧血になってしまう

「マイコプラズマ感染症」

などの病気につながることもあります。

 

ノミを駆除しなければなりませんが

この時にも注意が必要です。

 

ノミを絶対に潰さないことです。

潰してしまうと体内にある卵が

飛び散ってしまいます。

 

また、ノミ取りクシで取ったノミは

水につけておくと溺死します。

 

家に猫ノミを見つけたら、

家を徹底的に掃除しましょう。

 

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

その3:猫ノミがいる時の症状とは?

猫にノミがいる時の症状として

ノミアレルギーがあります。

 

アレルギー反応するアレルゲンは

ノミの唾液と糞です。

 

ノミに噛まれた部分が赤くなったり

痒くなったりする症状が起こります。

 

また、

猫がノミに血を吸われることで

感染する

「ヘモバルトネラ症」

という症状があります。

 

これは猫がノミに血を吸われることで、

病原体がネコに侵入し、

赤血球に寄生してしまい

赤血球を破壊して貧血を引き起こす

怖いものです。

 

また、ノミからバルトネラ菌が感染した猫に

噛まれたり引っかかれたりして発症する

「猫引っかき病」

という感染症にも注意しましょう。

 

猫には症状は見られないので気づきにくいですが

人間に感染するとリンパ節が腫れて痛みが

起こったり発熱します。

 

<スポンサーリンク>



 

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

その4:まとめ

猫にノミがいて、

猫が噛まれたことによって

その猫に引っかかれることによって

引き起こされる、

「猫引っかき病」

などもあります。

 

その時は病院へ行き、

抗生物質を処方してもらう

必要があります。

 

こういった病気にならない為にも

常々ノミ駆除の対策が

必要となってきます。

 

動物病院へ連れて行って、

ノミ対策のフロントライン等を

行ってもらい、

ノミが付かないように

してあげましょう。

 

また、

猫にノミが居た場合は、

家を徹底的に掃除して

ノミの駆除をしましょう。

 

自分の経験でも、

一度脱走して帰ってきた時に

いっぱいノミが

付いていたことがありました。

 

その時はすぐに動物病院へ連れていき

フロントラインをしてもらいました。

 

フロントラインは

1か月に1度程度の頻度で

行ったほうがよいので、

定期的に

動物病院へ行くか、

自宅で薬を取り寄せて

猫ちゃんにフロントラインを

垂らしてあげましょう。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です