うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫のノミはどうやって取る?ノミの卵の駆除に効果的な方法とは?

2017年10月27日 [ ノミ 駆除 ]
Pocket
LINEで送る

猫のノミはどうやって取る?ノミの卵の駆除に効果的な方法とは?

猫ちゃんにノミを発見!

 

そんな時は、どうしていますか?

 

ノミ取りクシでひたすらブラッシングしたり、

嫌がる猫をお風呂に入れてみたり。

 

猫ちゃんをお風呂に入れたことがある方は

ご存知の通り、

お風呂に入れるのは

とっても大変ですよね。

 

日頃からノミがつくことを防止して

猫ちゃんにもストレスをかけたり、

病気にならないように気を付けましょう。

 

今回は、

ノミがいることで

どういった症状が発生するのか、

ノミを全滅させる方法はあるのか、

調べてみました。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫の赤ちゃんがミルクを飲まない!落ち着いて基本の対処法実践で解決

猫が脱走しちゃった!捕獲した後のケアは?動物病院へ連れていく?

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

 

<スポンサーリンク>



 

猫のノミはどうやって取る?ノミの卵の駆除に効果的な方法とは?

その1:猫のノミ、症状や原因

ノミが猫に寄生すると、

皮膚に噛みつき血を吸います。

 

ノミが噛んだ傷は強い痒みを引き起こすので、

猫が体をかきむしるようになります。

 

また、

ノミの唾液にアレルギー反応を起こす皮膚病や、

赤血球が異常化して

貧血を引き起こすマイコプラズマ感染症など

様々な病気の原因となります。

 

ノミを見つけた場合は、

動物病院で即効性のある

ノミの駆除薬を投与してもらいましょう。

 

ノミの予防で

一番やってはいけないことは、

ノミを発見した時に

潰してしまうことです。

 

メスであれば、

卵を持っていることがある為、

広い範囲に卵が飛散してしまい、

ノミ増殖を助長してしまうことになります。

 

ノミ取りクシでノミを捕まえ、

つぶさずに

中性洗剤を薄めた液体に

沈める方法で駆除します。

 

<スポンサーリンク>



 

猫のノミはどうやって取る?ノミの卵の駆除に効果的な方法とは?

その2:ノミを全滅させるコツ

ノミを飲み込んだりしないように、

猫を触った後や、

食事をする際は必ず手を

きれいに洗うようにしましょう。

 

ノミを全滅させる第一歩として、

部屋の片づけをすることです。

 

必要ないものはどんどん捨てて、

本格的な駆除を行いましょう。

 

ダニアースや防ダニスプレーが

市販されています。

 

布団・カーペット・ソファー・ぬいぐるみなど

そのままかけられるものがあります。

 

人体にもほとんど害のないものですが、

スプレーする場合には

マスクを着用しましょう。

 

また、

ノミ取りホイホイという製品があり、

掃除をした後にも残ってしまうダニを

捕獲する目的で使えます。

 

ここまで行っても効果が見られない場合は、

バルサンなどの燻煙殺虫剤を使いましょう。

 

燻煙殺虫剤を使用する時は、

当然のことですが

ペットは避難させておきましょう。

 

猫のノミはどうやって取る?ノミの卵の駆除に効果的な方法とは?

その3:ノミ駆除法

ノミ駆除の手順として必要なことは

猫は完全室内飼いとすることが重要です。

 

ただ、

外に出る習慣のある猫ちゃんを

急に閉じ込めることは

難しいこともあります。

 

少なくとも春から秋までは

完全に室内飼いしたほうが

ダニを連れ帰ってこない為、

理想的です。

 

また、

掃除機でこまめに丹念な掃除をしたり、

絨毯等のコロコロの代わりにガムテープで

掃除することも必要です。

 

猫にとりついてしまったノミを取る場合、

ノミ取りクシが一番のお勧めです。

 

クシに引っかかったノミは、

中性洗剤を溶いた水の入った洗面器等に

浸すと簡単に取れます。

 

念のために、熱めのお湯を使いましょう。

 

少なくとも3週間はこのように掃除したり、

猫のブラッシングをしてノミを取り除けば、

部屋からも猫からもノミがいなくなります。

 

<スポンサーリンク>



 

猫のノミはどうやって取る?ノミの卵の駆除に効果的な方法とは?

その4:まとめ

ノミの駆除ってとても大変そうですが、

基本はこまめな掃除が

必要だということですね。

 

また、

猫にノミがいる場合は、

動物病院へ行って、

即効性のあるノミ取り剤を使ったり、

ノミ取りクシでブラッシングして

あげることも有効です。

 

対策をしながら、

布製のものには

ノミ取りの為の防ダニスプレーをしたり、

布団であれば、

干すことも大切です。

 

布団を干す環境がない場合は、

布団乾燥機をかけてから、

掃除機でダニを吸い取るようにしましょう。

 

経験上では、

ノミを発見した場合は

ノミ取りのシャンプーを

使い猫をお風呂に入れ

その後に、

ノミ取りクシを使ったりしました。

 

これでも完璧ではない為、

その後に動物病院へ行って、

フロントラインを

してもらったこともあります。

 

現在は定期的に

フロントラインをすることによって

猫にダニが付くこと自体を防いでいます。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です