うきうきペット.com

さまざまなペットの病気やお困りごとを解決。いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届けします。

うきうきペット.com
Pocket
LINEで送る

猫の正しいしつけは、噛む、ひっかく癖の理由がわかれば万事解決!

2017年09月22日 [ しつけ ひっかく 噛む ]
Pocket
LINEで送る

猫の正しいしつけは、噛む、ひっかく癖の理由がわかれば万事解決!

猫ってとっても気まぐれ。

 

撫でられて気持ちよさそうにしていたのに、

突然噛みついたり、ひっかいたり。

 

気に障ることしちゃったかな?

 

遊んでいたら興奮しちゃって

噛みつかれちゃったなんてこと、

猫ちゃんと暮らしていると

よくあることですよね。

 

噛みつかれたり、引っかかれると痛いし

場合によっては、病院行きになることも。

 

そんなことにならないよう、

猫ちゃんのしつけをしてみませんか?

 

気まぐれの猫をしつけなんて

と思われることもあるでしょう。

 

でも、

よく噛んだり引っかいたり

する子も、しつけ次第では

穏やかになってくれます。

 

今日は、気まぐれ猫ちゃんのしつけの方法を

紹介していきたいと思います。

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫の爪とぎ対策と、しつけの成功法!可愛い猫ちゃんが行儀良くなる秘訣

猫が尻尾や毛の動きで、人間に送る見逃し厳禁の大切なサインとは?

猫のトイレを自動化しよう!長所と短所を理解して簡単にできる方法

 

<スポンサーリンク>



 

猫の正しいしつけは、噛む、ひっかく癖の理由がわかれば万事解決!

その1:猫がひっかくのは何故?

猫と遊んでいると、

エスカレートして

思わずひっかいてしまったり、

噛みついたりしてしまう。

 

子猫のうちに、

兄弟猫たちとじゃれあいながら

力加減を学んでいくのですが

じゃれあいの経験がない子猫には

教えてあげる必要があります。

 

ひっかかれて痛い時には「痛い」と

声をあげることで、

分かってもらうようにしましょう。

 

手足で遊ぶのではなく、おもちゃを使って

遊んであげると良いでしょう。

 

また、猫はとっても怖がりな生き物。

 

知らない人が家にやってきて、

自分のテリトリーを荒らされていると

勘違いしてひっかいてしまうことも。

 

慣れ親しんでいるものであっても、

聞きなれない音や、

見慣れないものに対して

恐怖を感じて

ひっかいてしまうことがあります。

 

猫が隠れたり、

登ったりして逃げられる環境を

整えてあげることも重要です。

 

<スポンサーリンク>



 

猫の正しいしつけは、噛む、ひっかく癖の理由がわかれば万事解決!

その2:猫と遊んでいたら突然噛んできた

猫はもともと狩猟動物です。

 

その狩猟本能を刺激する動きや

音、匂いを感じた時に

獲物を捕まえようとする動作をします。

 

それが遊びになって

人を噛んでしまうことがあります。

 

噛み癖のある猫を慣らすには、

叱るのではなく、

ビックリさせることが重要です。

 

例えば、危険を感じるように、

わざと大きい音をたてる。

 

嫌な気分になるように、

猫が苦手な柑橘系の香りを

かがせたりする。

 

噛むと嫌なことをされると認識させることで

少しずつ噛むと嫌なことをされると

覚えてもらいましょう。

 

また、よく噛んでくるということは

体力が有り余っていて、

遊び足りない状態でもあります。

 

少しでも時間を見つけては遊んであげることで

だんだん噛まないようになっていきます。

 

猫の正しいしつけは、噛む、ひっかく癖の理由がわかれば万事解決!

その3:愛猫のしつけ

猫をしつけるには、

「嫌な目に遭うよ!」と

覚えさせることが一番効果的

です。

 

ただし、

方法次第では逆効果になることもあるので

注意が必要です。

 

猫を怒るときは、猫にとって「人が苦手」と

思わせないように怒ることが大切です。

 

それをすると

猫自身が不愉快になる」と

工夫して学習させなければなりません。

 

水の霧吹きなどを利用して離れたところから

吹きかけます。

 

このような小道具を使うことで

自分を不愉快な目に遭わせたのは人ではなく

別のものと認識させます。

 

決して感情的になって

怒鳴ってはいけません。

 

叱る時は現行犯で、目を見て

「ダメ」と制止します。

 

絶対に叩いたり蹴ったりなど

体罰を与えてはいけません。

 

噛みついてきたときには

「痛い!」と言いながら、

時には猫の口の中に指を押し込んだり、

猫の手足を自分の口で噛ませたりして

噛む加減を覚えさせましょう。

 

<スポンサーリンク>



 

猫の正しいしつけは、噛む、ひっかく癖の理由がわかれば万事解決!

その4:まとめ

猫が噛んだり引っかいたりするのは

狩猟本能がある為。

 

その本能を満足させてあげるためには、

適度に遊んであげることが大切です。

 

また、ひとり遊びのために

蹴りぐるみや羽のついたおもちゃを

与えるのもお勧めです。

 

猫に噛みつかれたり引っかかれた時、

「痛い」と少し大袈裟に言うことを

繰り返してみてください。

 

自分の経験では、「痛い!」と言いながら

無理に手を引かず、好きなだけ

噛ませてあげるようにしていました。

 

当然、手は傷だらけになりますが

繰り返し「痛い!」を言うことで、

覚えてくれ、噛んだとしても

甘噛みになりました。

 

猫にしつけなんて無理と

思われるかもしれません。

 

でも、繰り返し教えこむことで

ちゃんと覚えてくれます。

 

根気強く猫の癖と付き合っていきましょうね。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です